ロゴイメージ

マーケティングソリューション

バーチャルシェルフ

バーチャルシェルフアイコン

 自然な商品販売空間を仮想に再現。バーチャルスペース内実験を実施し、消費者の着目点を定量的に解析します。商品特性の相対的比較検討、購買行動の分析、店舗空間デザインの検討などにご利用いただけます。  バーチャルシェルフには、1800mmの大スクリーンで実査を行うものと、Web上で商品棚を表示して実査を行うものがあり、どちらもFlashコンテンツを用いて調査を行っております。
ショッピングシミュレーション画像

セールスディレクター

セールスディレクターアイコン

 セールスディレクターは、店頭など現場の状況(アンケート結果)を素早く収集し、集計・分析を行い、その結果を販売促進資料にフィードバックを行うというPDCAサイクルを実現します。 詳しくはこちらへ(クラウドタッチサイトへ移動します)

DETEKURU® (デテクル)

ビデオ連動リサーチサービス

デテクルアイコン

 Web動画は、ホームページに欠かせない存在となりました。私たちは、そこに集まる視聴者に注目し、マーケティング戦略で重要なアンケートを使い、そこから得る視聴者の意見をリサーチ・分析することで、商品価値の向上につながるものと考えています。
「DETEKURU」は、動画コンテンツにアンケートを挿み、ユーザがアンケートに回答しながらコンテンツの進行に参加、最後まで映像視聴を同時に回答結果の収集・解析を行うサービスです。一方的に流す既存のプロモーション映像よりも訴求度が期待できます。
デテクル デモリンク クリックでデモムービー再生
▼詳しくみる
DETEKURU®の利用

Web上の映像コンテンツにアンケートを挿むサービス。アンケートを挿むことによりユーザ参加型映像として最後まで視聴させる目的とともに、アンケート収集、解析からマーケティングへの活用が可能となります。

(1)ユーザー参加型コンテンツとして

プロモーション映像のストーリーに合わせて、ユーザにアンケートに答えてもらいます。ユーザにもアンケート回答というカタチでコンテンツの進行に参加してもらうことで、プロモーション映像の訴求度向上が期待できます。アンケートに回答しないと、プロモーション映像は先に進めません。

ユーザがアンケートに回答するとリアルタイムで集計結果を閲覧できます。ユーザは自分の回答が 多数意見なのか少数意見なのかを認識することで、コンテンツに入っていくことができます。集計結果確認後、プロモーション映像の続きを視聴できます。

ユーザがプロモーション映像を視聴する際、テレビのようにただ眺める(Push)だけではなく、ユーザがアンケート というカタチで進行に参加することで、プロモーション映像は、ユーザ参加型映像コンテンツになります。ユーザに『マウスを持たせて視聴してもらう』というPCならではの視聴スタイルを提案します。

(2)アンケート解析によるマーケティングへの活用

単純集計
単純集計イメージ プロモーション映像のストーリーに合わせて、ユーザにアンケートに答えてもらいます。ユーザにもアンケート回答というカタチでコンテンツの進行に参加してもらうことで、プロモーション映像の訴求度向上が期待できます。アンケートに回答しないと、プロモーション映像は先に進めません。

クロス集計解析
クロス集計イメージ アンケート設計により、商品等のセグメント別のクロス集計分析が可能。他商品との訴求ポイントの比較や全体の商品ラインナップの中のポジショニングなど、「プロモーションによる訴求度」「商品投入」等の効果検証ができます。

数量化Ⅲ類による解析
数量化イメージアンケート設計により、顧客の嗜好性や消費性向を「顧客群」として見出すことが可能。新たな商品開発やプロモーション方法のヒントが得られる可能性が大いにあります。